ヴィンテージ 木製看板 「セイキスイ」|大正前後 企業 当時物 [3E19-IS03]

ヴィンテージ 木製看板 「セイキスイ」|大正前後 企業 当時物 [3E19-IS03]

販売価格: 5,000円(税別)

(税込価格: 5,500円)

宅急便発送サイズ: 120サイズ

在庫数 1点

商品詳細

明治〜大正のどこかの時代で実際に使わていた「精?水」(今でいう目薬)の広告看板です。

実際に使用されていたからこそ残っている「色合い」や「質感」が歴史を物語っている素敵な1品です。

「精?水」(セイキスイ)は明治時代に販売された日本で最初の「液体目薬」の名称です。

まぶたの縁に塗る軟膏や、薬効成分の入った水で目を洗う薬がほとんどだった時代に発売された商品で時代にあった広告戦略で広まったとされています。

その時代に使われていた物と思われます。

旧字体で記されている「のぼせめ」の「ぼ」など、
当時の空気を持ち、現在も生き続ける希少な物です。
当時を知るための資料として、また、コレクションとしてもオススメできます。


※メルカリでも出品中です。
https://item.mercari.com/jp/m40037296033/

商品仕様

商品サイズ 90×8×3

ショップオーナーより